Inkscapeで筆文字・毛筆に挑戦 ♪

Inkscapeで筆文字・毛筆に挑戦 ♪

年賀状用素材などで活躍する筆文字・毛筆文字を描いてみました。
いがいとInkscapeでも書ける(描ける)ものですね 。

  1. ベジェ曲線で文字を描く
    いつものように、ベジェ曲線で筆文字・毛筆風に文字を描きます。IllustratorやInkscapeでえを描くには必須となりますので、頑張りましょう♪
  2. 筆の元を作る
    円ツールで○を1つ書きます。
    円ツールで描いた○をパスに変更します。(オブジェクトをパスへ:Shift+Ctrl+C)
    続いて、『新規ノードを選択セグメントに挿入』をClickして、ノード適当に追加します。

    そこから、エクステンションのパスの変形、『ノードを揺らす』を実行します。
    『ノードを揺らす』の数値は、制作する文字サイズなどに応じて変位を大きくします。オプションは全部チェック(気にしない)

    すると、墨を垂らしたようなグチャグチャができます。
    (何種類か用意)
  3. 筆のタッチのコツ
    ここから、1のベジェ曲線で描いた文字に筆のタッチを追加します。私は筆の入る時・止める時の開始と終わりに筆タッチを追加していきます。

    ベジェ曲線で、大雑把に筆の入り場所と終わりをなぞります。
    なぞったオブジェクトにパスエフェクトエディタで新規エフェクト:『パスに沿うパターン』を追加します。
    追加したら、2で制作した垂らした墨をコピーします。
    パスに沿うパターン内のオプション項目の『パスを貼り付け』をクリックします。すると、先ほどコピーした垂らした墨でパスに沿うパターンが制作されます。

    同様に、今度は文字のかすれを制作します。
    先ほどより、垂らした墨は変動が大きいものにして筆タッチと同様の処理をします。
    筆タッチをフィル黒・ストローク無し
    筆かすれをフィル白・ストローク無しに設定します。

    これで掠れた一の字ができました。

  4. ひたすら、筆タッチを追加
    3の処理をひたすら繰り返していきます。
  5. ひらすら筆の掠れを追加
    筆タッチと同様に、3の処理の繰り返しで掠れを追加します。
  6. フィル・ストロークを設定
    フィル・ストロークを設定して正の字の完成です。

応用例:Happy New Year の毛筆・筆文字タイプ 

Happy New Year の毛筆・筆文字

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを追加